~みるさんは冒険に旅立ちました。

近状と黒歴史~

Category: 日記

Tags: 自作midi  

Comment (0)  

サウンドフォントを使うために~ ソフト&サウンドフォント

MIDI形式(.mid)の音楽ファイルを聞くために



Windowsには最初からMicrosoft GS Wavetable SW Synthというソフトシンセが搭載されていて、
新たに音源を導入しなくてもMIDIを鳴らすことが出来ます。
が、これを使ってDTMをする人はほとんどいません。
なぜなら音が悪すぎるからです。
Windows Vista以降、プログラムが明示的にMIDIドライバを指定しない場合、
この音源以外を使用することができなりました。

そこで、PCで外部音源のように美しい音色でMidiファイルを再生するためには
いろいろなソフトや外部機器を使わなくてはいけません。

私が普段使用しているものは以下のとおりです。(PCを買い換えるたびに忘れるため、メモ)


プレイヤーとドライバー


TiMidity++ (TiMidity-CVS070310_setup_JPN.exe)
TiMidity++遠士朗初期設定版
TiMidity++専用のドライバー付きMIDIプレイヤー。
きれいな音源がついててプレイヤーもついてるお勧めのもの。


VirtualMIDISynth
MIDI ツール上でサウンドフォント(.sf2)を使えるようにするフリーソフト。
(簡単に言うと、プレイヤーがゲームハード本体、
 Midファイルがカセット・ディスク・ソフト、
 サウンドフォントが音源やグラフィックを左右するディスプレイ又はオーディオみたいなかんじ)

ネット上で入手した任意のサウンドフォントを、各種MIDI ツール上で
音源として使えるようにしてくれるサウンドフォント対応化ツール。
いろいろなサウンドフォントの組み合わせが可能。

MidRadio Player
MIDIやMP3などの音楽ファイルを再生可能なヤマハオリジナルソフトウェア(フリーウェア)
高品位なソフト音源を内蔵しているので、パソコンだけでリアルなサウンドのMIDIの再生を楽しめます。
フリーのYAMAHA SXG音源をVSTプラグイン化して利用する方法
上記の音源を他のソフトで使えるようにする方法がわかりやすく解説されています


お気に入りのサウンドフォント


SGM-V2.01.sf2
一通りの楽器が全部入ってる大容量のサウンドフォント。
SGM 2.01 : 247MB

Fluid R3 GM
大容量のサウンドフォント。
Fluid R3 GM : 148MB
Fluid R3 GS : 3MB

Gold Drums
ドラムセットのみ

DMG-CPU1.5.SF2
ゲームボーイ音源をサンプリングして、つくられたピコピコのサウンドフォント。

Timidity++ Driver 参考
TiMidity++プレイヤーとセットになっている高性能サウンドフォント
他のソフトで使うにはちょっとコツがいるが、他よりも優れた音源
Timidity++ドライバはvista以降のOSに導入すると動作が不安定になることが多く、
出力先の所に表示されないといった現象がよくあり、自分も良く泣かされました。
この問題は、「TiMidity BW版」を導入すれば解決しました。

導入方法は、「羽根のあるところ」さんのサイトの「TiMidity bw版公開ページ」のページから、
最新版の32bit版のtimidityをダウンロード。(OSが64bitでも32bit版をダウンロード)
次に解凍したフォルダを開き「timidity driver」のフォルダ内にある
「timiditydrv.dll」を使用して、既存のドライバを上書きします。
既存のドライバはOSが32bitの場合は「C:\windows\System32」、
64bitの場合は「C:\windows\SysWOW64」にある「timiditydrv.dll」です。
このフォルダ内にダウンロードした「timiditydrv.dll」を入れて上書きすると完了。



おまけ: 圧縮されたSoundFontファイルを解凍する


SoundFontファイル(.sf2)は独自の圧縮ソフトで圧縮されていることがあるので
解凍ソフトを使って解凍しなくてはいけない場合がある。
圧縮ファイルの拡張子: .sfpack SFPACK.EXE
インストール後、圧縮ファイルのダブルクリックのみで解凍可能
圧縮ファイルの拡張子: .tar.gz Lhaplus
20種以上の圧縮形式に対応したDLL不要の圧縮・解凍ソフト




あなたに合った良きDTMライフを♪
スポンサーサイト





Category: 自作midi

Tags: 自作midi    

Comment (0)  

M01DでFF14ザナラーンの黄昏アレンジ

【FF14】ザナラーンの黄昏をアレンジしてみた【M01D】



3DS、DL専用ソフト『KORG M01Dをつかって
懐かしき旧FF14のフィールド曲、ザナラーンの黄昏(植松伸夫)を
打ち込み+勝手にアレンジっぽいことをしてみました。

まだM01Dで遊び始めたばかりなのでそんなに大層な物ではありません~

以前使っていたYamahaQY70に似ているので
DSN-12よりこっちのほうが自分向きな気がする

KORG DSN-12』は音色が作れるけど作り方がさっぱりわからない!
M01Dのいい所は3DS音源が使えるというところかなぁ
ただ、録音の仕方がオーディオ入力しか方法を知らないので
いまいちいい音がPCで録音できない未熟な自分が辛い・・・


Category: 自作midi

Tags: 自作midi  

Comment (0)  Trackback (0)

DTM暦~保管庫

初に音楽に興味を持ったのは子どものころ
なぜ家にそんな機器があったのか、まったくもって不明だが
おもちゃのようにいじって遊んでいた時代があった。

それがこのDTM機器:YAMAHA QY300
yamaha_qy300.jpg
ヤマハのシンケーサーだった。
今思えばこれがものすごい高いものだとは知らなかった。

楽譜が読めなくても簡単に音楽が打ち込め、オリジナルのリズムサンプルがたくさんあったので
いろんなゲームの音楽を作って遊んでいた。

その後はPCのフロッピー版音楽つくーるに出会い
楽譜打ち込みもぼちぼちできるようになった。


私がはじめて自分で買ったシンケーサー:YAMAHA QY70
yamaha_qy70.jpg
機能はQY30と似ていたので扱いやすく、小型であったので
かばんの中に入れて、頭の中にメロディーが思い浮かんだら
すぐこれを取り出して音楽を作ってた。
PCにも取り込めたので、MIDIシーケンサーソフト『Cherry』で
cherry.png
いろいろ調整してMIDIサイトに投稿してもいた。
まあDTMの知識はなく全部独学ダケドネ


以下は、その当時(1999~2002)に製作したMIDIです。
音源も数年前のものなのでいまのPC環境では当時の音色では聞くことはできません。


About

mill-fill

Author: mill-fill
まったりマイペースで活動中
イラスト,音楽,動画などイロイロやってます
FF14(槍鯖)もやってます

Creative Commons License
(!)当サイトの内容、テキスト、画像、音楽、ビデオ等の無断転載・無断使用を禁止します。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images and music and video are strictly prohibited. All Rights Reserved.

未经授权复制和复制本网站的内容,文字和图片以及音乐和视频
,严厉禁止。版权所有。


このサイトにある全データの転載を禁止しています。Reprinting all data on this site is prohibited.
copyright © ~みるさんは冒険に旅立ちました。 all rights reserved. powered by FC2Blog.
Category
最近の記事
投稿動画
アルバム
複眼RSS
Tag
Links
Archives.

1234567891011121314151617181920212223242526272829303101 2020