~みるさんは冒険に旅立ちました。

近状と黒歴史~

Category: 日記

Tags: つくってみた  

Comment (0)  

絵を動かしてみた【えもふり】

「えもふり」を使って絵を動かしてみた【初見】


https://www.youtube.com/watch?v=IVTpkWGrkO8

E-mote Free Movie Maker「えもふり」使用
http://emote.mtwo.co.jp/


自分の絵もぬるぬるアニメーションにしてくれるフリーのソフト
パーツを作るのは大変だけど、簡単ですごくいい!
これで動画とかつくれたらいいけど、録画ソフトがやばいので
綺麗に撮れませんorz..

元絵は以前描いた絵↓
Pixiv: http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=33892652

線画を引っ張り出して、各パーツごとに切り分け、
20130225a01mono1
彩色、あと+αをやってソフトで調整。
20151106.png
(後で見たら透過処理がいい加減だ!_(:3 」∠)_)



11/7 素材用意編も追加
スポンサーサイト


Category: 日記

Tags: 自作midi  

Comment (0)  

サウンドフォントを使うために~ ソフト&サウンドフォント

MIDI形式(.mid)の音楽ファイルを聞くために



Windowsには最初からMicrosoft GS Wavetable SW Synthというソフトシンセが搭載されていて、
新たに音源を導入しなくてもMIDIを鳴らすことが出来ます。
が、これを使ってDTMをする人はほとんどいません。
なぜなら音が悪すぎるからです。
Windows Vista以降、プログラムが明示的にMIDIドライバを指定しない場合、
この音源以外を使用することができなりました。

そこで、PCで外部音源のように美しい音色でMidiファイルを再生するためには
いろいろなソフトや外部機器を使わなくてはいけません。

私が普段使用しているものは以下のとおりです。(PCを買い換えるたびに忘れるため、メモ)


プレイヤーとドライバー


TiMidity++ (TiMidity-CVS070310_setup_JPN.exe)
TiMidity++遠士朗初期設定版
TiMidity++専用のドライバー付きMIDIプレイヤー。
きれいな音源がついててプレイヤーもついてるお勧めのもの。


VirtualMIDISynth
MIDI ツール上でサウンドフォント(.sf2)を使えるようにするフリーソフト。
(簡単に言うと、プレイヤーがゲームハード本体、
 Midファイルがカセット・ディスク・ソフト、
 サウンドフォントが音源やグラフィックを左右するディスプレイ又はオーディオみたいなかんじ)

ネット上で入手した任意のサウンドフォントを、各種MIDI ツール上で
音源として使えるようにしてくれるサウンドフォント対応化ツール。
いろいろなサウンドフォントの組み合わせが可能。

MidRadio Player
MIDIやMP3などの音楽ファイルを再生可能なヤマハオリジナルソフトウェア(フリーウェア)
高品位なソフト音源を内蔵しているので、パソコンだけでリアルなサウンドのMIDIの再生を楽しめます。
フリーのYAMAHA SXG音源をVSTプラグイン化して利用する方法
上記の音源を他のソフトで使えるようにする方法がわかりやすく解説されています


お気に入りのサウンドフォント


SGM-V2.01.sf2
一通りの楽器が全部入ってる大容量のサウンドフォント。
SGM 2.01 : 247MB

Fluid R3 GM
大容量のサウンドフォント。
Fluid R3 GM : 148MB
Fluid R3 GS : 3MB

Gold Drums
ドラムセットのみ

DMG-CPU1.5.SF2
ゲームボーイ音源をサンプリングして、つくられたピコピコのサウンドフォント。

Timidity++ Driver 参考
TiMidity++プレイヤーとセットになっている高性能サウンドフォント
他のソフトで使うにはちょっとコツがいるが、他よりも優れた音源
Timidity++ドライバはvista以降のOSに導入すると動作が不安定になることが多く、
出力先の所に表示されないといった現象がよくあり、自分も良く泣かされました。
この問題は、「TiMidity BW版」を導入すれば解決しました。

導入方法は、「羽根のあるところ」さんのサイトの「TiMidity bw版公開ページ」のページから、
最新版の32bit版のtimidityをダウンロード。(OSが64bitでも32bit版をダウンロード)
次に解凍したフォルダを開き「timidity driver」のフォルダ内にある
「timiditydrv.dll」を使用して、既存のドライバを上書きします。
既存のドライバはOSが32bitの場合は「C:\windows\System32」、
64bitの場合は「C:\windows\SysWOW64」にある「timiditydrv.dll」です。
このフォルダ内にダウンロードした「timiditydrv.dll」を入れて上書きすると完了。



おまけ: 圧縮されたSoundFontファイルを解凍する


SoundFontファイル(.sf2)は独自の圧縮ソフトで圧縮されていることがあるので
解凍ソフトを使って解凍しなくてはいけない場合がある。
圧縮ファイルの拡張子: .sfpack SFPACK.EXE
インストール後、圧縮ファイルのダブルクリックのみで解凍可能
圧縮ファイルの拡張子: .tar.gz Lhaplus
20種以上の圧縮形式に対応したDLL不要の圧縮・解凍ソフト




あなたに合った良きDTMライフを♪


Category: 日記

Comment (0)  

塩たたき

米こめフェスタ 土佐の豊穣祭に行ってきました。

まあ、画像は全然関係ない帰り道によった道の駅での塩たたきを焼いているところ。
20151101.jpg
焼くのに結構藁使うんだな~とジーっとみていました。
高知の塩タタキめっちゃおいしいよ!


米こめフェスタへ行った感想は、案外お米の出し物が少ないなぁ~っと。。。

もっとこう、お米で作った食べ物がいっぱいあるんだと思ってたんだけど・・・

粉ものやヤキソバとかも結構ありました(苦笑)
新井田米の販売もしていましたが私はお米の違いがわからないので買いませんでした;;
出店で鮎の炊き込みご飯とシイタケのタタキとなんとか牛のスライスを買いました。おいしかったよ!



About master

mill-fill

Author: mill-fill
まったりマイペースで活動中
イラスト,音楽,動画などイロイロやってます
FF14(槍鯖)もやってます

Category
最近の記事
投稿動画
複眼RSS
Tag
Links
Archives.

12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2015